メギドラオンな陽の光

ふらふらと出歩きもするけれど実はかなりのヒッキーでもあって、今やもう昔の機器となってしまったPSPを手に味わうあの没入感が堪らなく好きなのです。ここがプレステとの違いだよね。
気付いたら勝手に増えている写真・棚の本・段ボール・プレイリスト・煙草の値段と同じで、いつの間にやら「僕」のLvも99。ここからが本当の始まり。と、そこでカーテンをチラッと開けると眩し過ぎる真昼の光が。「こんな生活でいいのか」と感じるこの気持ちも込みでこんな生活でいいのかと堂々巡り。良くも悪くもないぜ? なんて言ってても始まらないぜ! 目や耳に入る周りの「人」も「知り合い」も本当は違いなどなくっ……! とか斜に構えて見えてくるバカ正直な心もあるもんだ。今はジェット機の轟音を聴いてみたい。そんな、昨日の夕方でした。

投稿日:
カテゴリー: 未分類

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です